Top > 日記 > 住宅の耐用年数は木造や木骨モルタル造の場合

住宅の耐用年数は木造や木骨モルタル造の場合

住宅の耐用年数は木造や木骨モルタル造の場合、国税庁の定めるところによると20年(木骨モルタル)から22年(木造)で、30年ほどで建て替えとなるケースが多いです。そのような実績値が影響して、たとえば築30年を超える住宅を売りたいと思っても、まだ住める状態でも建物には値がつかないとか、せいぜい100万以下と見積もられるケースが少なくないです。もし売ることになっても、極端にいえば土地としての価格にしかならないと考えられるため、土地(上物あり)といった売却方法もありえます。土地家屋等の不動産物件の売却を仲介業者に依頼したいときは、幾つかの業者に査定させ、手応えを感じる会社を選びます。続いて売り出し価格を決め、業者と媒介契約書を交わします。契約の種類は3つあり、レインズ(不動産仲介ネットワーク)の登録義務や業務報告義務の有無といった差があるのでよく考えて選びましょう。その後、買手が現れたら媒介契約をした不動産会社を通して物件の売買契約を交わします。もし不動産売却から利益が得られた場合は、譲渡所得税の課税対象となることがあります。譲渡所得税は所有期間によって適用される税率が異なっており、5年間を超える場合は所得税が15%、住民税が5%という税率で賦課されます。所有期間が5年以下の短期であれば課税率は2倍になってしまいます。納付時期は、所得税が売却をした翌年の2月16日から3月15日までの間に一括納付、住民税は四半期ごとの支払いに分かれているのです。これと言ったもめ事さえなければ、不動産を売り渡す際に起こりうる不利益といえば、納めなくてはならない税金に関しての問題くらいしかないと言えます。気を付けなくてはならないのは、住み替えに伴う際の売却で、面倒なことなるかもしれないリスクを背負うことになるかもしれません。売りに出した不動産に買い手が現れると見越して、新しい家の購入資金が欲しい状況なのに、購入者がなかなか現れずに得られるはずだった売却代金が用意できなくなると言ったことも考えられます。家の売買には権利書が必要ですが、もし失くしたら具体的にはどのようになるのでしょうか。権利証(あるいは登記済証)をなくしたら売却、所有権移転することはできませんし、書類を再度発行してもらうこと事体、不可能です。ただ、方法はないわけではありません。司法書士さんと面談した上で、本人確認情報という書類を作成してもらうのです。共有名義の場合は全員分揃わなければ売ることができません。司法書士には数万円前後支払う必要がありますし、時間もかかるというデメリットがあるため、権利書(登記済証)の取扱いには注意しましょう。イエウールの評判

日記

関連エントリー
住宅の耐用年数は木造や木骨モルタル造の場合ふわふわショートヘア海外でのピンチ家を建てます。
カテゴリー
更新履歴
つぶより野菜(2018年8月10日)
住宅の耐用年数は木造や木骨モルタル造の場合(2018年8月 1日)
イボができたので対策をしなければなりません。(2018年7月30日)
若榴da檸檬(2018年7月27日)
バイタルアンサー(2018年7月27日)